ジェイテクト、ハイブリッド変速機用高速回転玉軸受を開発

 ジェイテクト( http://www.jtekt.co.jp )は、ハイブリッド変速機向け高速回転玉軸受を開発した。

 ハイブリッド変速機には、モータの小型化ニーズがあり、小型化による出力低下を補うため、軸受の高速回転化が求められている。従来の保持器は高速回転時では遠心力による変形が大きく、玉との強い接触により焼付きに至る可能性があった。

 本開発品では、安価な樹脂製保持器部品2対を玉の両側から弾性かん合することで、遠心力による変形を抑えて高速回転への対応を実現、従来比3.3倍となる50,000rpm(dmn=225万)の高速回転を可能にした。

 今後、自動車メーカー、変速機メーカーに向け販売を開始、2015年には3億円/年の売上を目指す。