NSK、ヒューマンアシストガイダンスロボットを開発

nsk 日本精工(NSK、http://www.jp.nsk.com )は、障害物を回避し、人が進みたい方向へ案内するヒューマンアシストガイダンスロボットを開発した。

 開発したロボットは、平地や傾斜面、多少の凹凸面での移動が可能な車輪型移動ロボットで、グリップを介して人の行きたい方向を察知し、進路上にある障害物を自律認識して回避しながら進む。ロボットの駆動技術、認識技術及びロボットと人間との間の情報伝達(インターフェース)技術を組み合わせ、統合することで実現した。この技術は将来的に、車椅子、盲導犬や介護犬の代用などへの応用が可能な、人間をアシストする自律移動ロボットへとつながるもの。

 本製品は、11月25日から東京ビックサイト(東京都江東区)で開催される「国際ロボット展2009」に出展する。特徴は以下のとおり。

(1)障害物回避ガイダンス:レーザレンジセンサによって検出された周囲の障害物までの距離や方向に応じて仮想的な 斥力*1を算出し、その影響に応じて指令値を自動的に変更することで、ロボットが障害物を回避しながら先導する。
*1 斥力(せきりょく):二つの物体が反発し合い互いを遠ざけようと働く相互作用の力

(2)滑らかな操作感:本ロボットは、人がロボットを押すことで、その力のかけ具合で、進む方向やスピードをロボットに指令する。入力の際に人とロボットの相対的な動きにより生じる悪影響を除去するよう処理を行い、ロボットへの指令に反映することで、なめらかな動作を実現する。

(3)傾斜面や凹凸面の移動が可能:独立2輪駆動と能動キャスタ機構を有し、傾斜面や凹凸面への対応が可能。