NSK、ブレーキ付き薄型大トルクメガトルクモータを発売

mega 日本精工(NSK、 http://www.jp.nsk.com )は、ダイレクトドライブモータ(DDモータ)薄型大トルクメガトルクモータPNシリーズにブレーキ付き仕様を追加ラインナップ、これにより製造現場での安全性の向上と効率化に貢献する。

 半導体・液晶・太陽電池・電子部品や自動車部品などの製造装置においては、生産効率向上のため設備の大型化が進んでいる。これらの設備に高精度位置決め用途で使われているDDモータには、電源遮断時の確実な停止や、加工・組立ての際に外力が加わっても位置を保持する機能が求められている。こうしたニーズに対しNSKでは、「薄型大トルクメガトルクモータ™ ブレーキ付きPNシリーズ」を開発、2010年1月から受注を開始し、2012年度に約2億円以上の売上を目指す。特徴は以下のとおり。

(1)電源遮断時にブレーキが作動する負作動型ブレーキを組み込むことで、誤回転を防止する。特に、壁面に取り付けられたアンバランス負荷を持ったモータにおいて、安全性が確保できる。

(2)ブレーキ作動時に遊びがないノンバックラッシュ型ブレーキの採用により、加工や組立て作業中にブレーキを作動させることで、外力が加わっても正確な位置を保持、これにより高精度な加工や品質の安定を実現し、生産性を向上する。

(3)ブレーキをモータ取付け面側に配置することで、モータ取付け面からモータ上面までの高さの増加を最小化、これにより装置のコンパクト化に貢献する。

(4)欧州RoHS指令に適合、環境にやさしい装置の実現に貢献する。