三菱重、シンガポールに機械・鉄構事業関連の事業会社設立

 三菱重工業( http://www.mhi.co.jp )は10月1日付で、シンガポールに機械・鉄構事業関連の事業会社「MHI Industrial Engineering & Services Private Ltd.、 略称:MIES」を設立する。

 長期的に市場拡大が期待される東南アジア・中東地区の環境・化学プラント案件を対象に営業・サービス拠点として機能させるもので、EPC契約案件の遂行機能も付与する。将来的には、環境・化学プラント以外にも対象を拡大していく考えで、広く機械・鉄構事業の拠点として活用していく。

 新会社MIESは、化学プラント案件を中心に、ガス・石油生産設備、排煙脱硫装置、CO2回収装置など各種エンジニアリング事業を手掛ける。資本金は1億5,000万円で、三菱重工業100%出資の現地法人、シンガポール三菱重工業(Mitsubishi Heavy Industries Singapore Private Ltd.、略称:MHISP)が出資し、事業規模の拡大に応じて増資を検討していく。

 営業開始は11月1日。スタート時の人員体制は11人で、4年後には 50人規模に増員する計画。