engage

ホンダ、産業機械用の汎用エンジン新型を販売開始

 ホンダ( http://www.honda.co.jp )は、独自の回転数電子制御技術を採用した汎用エンジン「iGX」に4モデルを追加しシリーズ化を図るとともに、広範な搭載互換性や耐久信頼性で好評を得ているスタンダード仕様の「GX」シリーズを一部モデルチェンジし、国内の各種作業機械メーカーへの販売を10月より順次開始する。

ホンダ「iGX390(電子ガバナー搭載仕様)」  新型「iGX」シリーズは、ECU(電子制御ユニット)がスロットル開度を常に制御することで、搭載作業機械が要求する作業回転数やアイドル回転数などを正確に保持する回転数電子制御技術「新電子ガバナー(ガバナー:回転数調整機構)」を採用。エンジンの負荷状況に合わせて回転数を最適に自動制御するオートスロットルをはじめ、エンジン始動から暖機までのチョーク開度位置をECUが最適に自動制御するオートチョーク機構やリモート制御も可能なDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)などを採用することで、より複雑で高度な用途に対応するとともに、優れた燃費性能と低騒音を実現した知能化エンジン。

「GX390(スタンダード仕様)」 また新型「GX」シリーズは、コンパクト設計による広範な搭載互換性を維持、燃費、エミッション、出力、騒音、振動、始動性、耐久信頼性などをさらに高め、クラストップレベルの性能を実現している。

 1983年に誕生した4ストローク汎用エンジン「GX」シリーズは、小型軽量でエンジン振動の小さい低重心傾斜シリンダーを世界で初めて汎用エンジンに採用することで、小型建設機械や農業機械など各種作業機械用パワーユニットの世界基準として幅広い業界から支持を獲得。累計生産台数は4,000万台。