engage

三菱重、年間生産能力6万6,000kWhのリチウム二次電池工場竣工

三菱重工業「リチウム二次電池量産実証工場」 三菱重工業( http://www.mhi.co.jp/ )は、リチウム二次電池事業への本格参入に向け長崎造船所内に建設していた同電池の量産化実証工場が、17日竣工した。年間生産能力は6万6,000kWh(中型電池換算で約40万個)で、各種実証技術に取り組み、早期の本格的な商業量産につなげていく。

 実証工場は約2,000m2の敷地に、昨秋から建設を進めてきたもの。12月から生産を始め、ライン稼働率、タクトタイム、電池性能の実証に取り組んでいく。実証ラインには、同社が保有するスラリー技術や印刷塗工関連技術、ターボチャージャーの量産管理技術などを、総合的に盛り込んだ。国内外の市場動向を踏まえ、2011年をめどにさらなる本格的な量産工場の着工を計画している。

 同社は、リチウム二次電池の製造だけでなく、システム開発力を活かした市場参入を図っている。世界に先駆けて昨年10月に発売したエンジン式ハイブリッドフォークリフトでは、パワートレインとして同電池を搭載することにより省燃費化を実現。同時に、電動フォークリフト、電気バス、クレーンなど自社製品である輸送・搬送機器、あるいは他社製品にも、電動パワートレインシステムを組み込むことによる商品性の向上を提案している。

 定置用では大型蓄電システムを開発。海外などの脆弱な電力系統での安定化補助電源として、また風力発電設備や太陽光発電設備など再生可能エネルギーの導入を促進していくための系統安定化装置としての実証を開始している。