都技研と産技研、「先端技術を活用した事業に取り組む中小企業の振興を図る」新協定

in

 東京都立産業技術研究センター( http://www.iri-tokyo.jp )と産業技術総合研究所( http://www.aist.go.jp )は、微細加工設備などの相互利用および人材交流などを通じてナノテクノロジー産業など先端技術を活用した事業に取り組む中小企業の振興を図るため、平成19年12月26日に連携・協力に関する協定を締結し、微細加工及びナノテクノロジーに関する連携・協力を推進してきた。

 この度、協定の目的を「先端技術を活用した事業に取り組む中小企業の振興を図るため」と変更し、ナノテクノロジーも含む、より広範な連携協力関係へ衣替えするため、現行協定を見直し、平成22年11月24日に、新たに協定を締結した。

 新協定の下、都産技研と産総研は、相互に関連する分野における研究開発の推進、研究施設・設備の相互利用、研究者の研究交流を含む人材交流、先端技術を活用した産業振興に関する人材育成、講座及びセミナーの実施に係るカリキュラムの策定並びに講師の相互派遣、情報発信の相互支援及び共同実施等を促進し、中小企業のための幅広い先端産業振興に向けた技術交流のハブ拠点の形成を目指す。