engage

昭和電工、塗料・コーティング、接着剤向け機能性モノマー事業の拡大強化

 昭和電工( http://www.ihi.co.jp )は、塗料・コーティング、接着剤などに使用されるUV(紫外線)硬化性樹脂やエポキシ樹脂の硬化を促進させるチオール系硬化促進材料「カレンズMT PE1」の製造設備を川崎事業所に建設し、2011年中頃から供給を開始すると発表した。

 UV硬化性樹脂の硬化を促進するためには重合開始剤の添加を増やすなどの方法、エポキシ樹脂の硬化を促進するためには温度を上げるといった方法が採られる。多官能チオール「カレンズMT PE1」を使用することで硬化性を格段に向上させることができるため、生産・加工で消費するエネルギーの低減が可能になるほか、接着性や伸びなど硬化物の性質を改善することができる。

 同品の使用により、UV硬化性樹脂の場合には紫外線照射量や重合開始剤使用量の低減により硬化物の着色を抑制することが可能となる。エポキシ樹脂においては従来のアミン系硬化剤だけを使用した場合と比較すると低温で硬化することや硬化速度を速めることが可能。また、従来のチオール系硬化剤と比べて臭気が少ないという特長もある。

 同社は、これまでにエレクトロニクス分野向けにイソシアネートモノマー「カレンズMOI」などの機能性モノマー「カレンズ」シリーズを販売している。今回発表の製品はエレクトロニクス分野向けだけではなく、建設・船舶などの分野で需要の高まっている塗料・コーティング、接着剤向けエポキシ樹脂の硬化を促進する材料としても有望であることから、生産を拡張し、機能性モノマー事業を拡大強化する。同社は2015年までに、これらのシリーズの総売上高を60億円まで引き上げる計画。