川崎重、米国で鉄道車両工場を拡張

川崎重工業の米国法人車両工場川崎重工業の米国法人車両工場 川崎重工業( http://www.khi.co.jp )は、米国現地法人の車両工場(ネブラスカ州リンカーン市)で進めていた拡張工事を完了した。

 今回の拡張は、同社が2005年から2006年にかけて受注したニューヨーク・ニュージャージー港湾局ハドソン横断公社向け地下鉄電車「PA-5」、メトロノース鉄道向け通勤電車「M-8」の同時製造に加え、米国で見込まれている高速鉄道プロジェクト、既存車両の置き換えや輸送力増強に関するプロジェクトなどの鉄道車両の需要増に対応するために製造能力を増強したもの。

 米国の車両工場は、鉄道車両事業の競争力強化を図るため、地下鉄車両・通勤車両の構体製作から車両完成までの一貫製造を行うことができる米国唯一の鉄道車両製造拠点として、2001年より操業を開始した。今回の拡張により、生産ラインはほぼ2倍の規模になり、同時期に複数のプロジェクトに取り組む製造体制が構築されるとともに、機能試験設備の導入により、これまで車両完成後に他所で実施していた機能試験を車両工場でも行なうことができ、同工場から顧客への直接納入が可能となった。