理研など、床から車いすへの抱き上げ移乗ができる介護支援ロボット

触角ガイダンスによる移乗作業 理化学研究所と東海ゴム工業が設立した「理研-東海ゴム人間共存ロボット連携センター」は、介護支援ロボット「RIBA-II」を開発した。

 同品は2009年8月に公開したRIBAの後継機。新開発した柔軟触覚センサ(SRセンサ)を採用して、触覚によるロボット操作、被介護者の体重検知を実現し、さらに腰に2個の前後屈曲関節と補償ばねを導入した新機構を採用して、抱き上げ重量を約30%増の80kgにした。これにより、介護施設で最も重労働である床上で寝た状態の人を抱き上げて車いすへ移乗させることを可能にした。

 また、同品で採用したSRセンサは、ゴム製の静電容量型触覚センサとして世界初となる。印刷製法で成形でき、構成がシンプルで大面積に成形しやすいほか、柔軟、高耐久性などの優れた特徴を持っており、ロボット以外にも幅広い用途が期待できるという。

 今後、実用性をより一層追及し、介護施設の協力を得ながらモニター使用を行い、早期の商品化を目指す。単なる移乗介護だけでなく、要介護者の部分介助やリハビリテーション支援を目標にした研究も実施する計画で、要介護者の確かなささえが登場すると期待できる。