engage

安川電機、ロボット事業強化目的に関東ロボットセンタ設立

関東ロボットセンタの外観関東ロボットセンタの外観 安川電機( http://www.yaskawa.co.jp )は、関東地区におけるロボット事業の強化を目的に、埼玉県さいたま市に「関東ロボットセンタ」を設立した。

 同社の産業用ロボットMOTOMAN(モートマン)は、これまで国内外の様々な産業分野の生産設備で多く採用されている。今後もさらなるロボットによる自動化の可能性探求や積極的な情報発信を行い、顧客の新たなニーズの掘り起こしや創造を行う目的で、関東ロボットセンタを開設した。

 同センタでは、「来て・見て・触って ロボット体験」をコンセプトに、これまでロボットの使用を経験していない顧客に対しても、実機を使ったデモやテストを通じて、ロボットへの理解を深められる施設となっている。

 また、本施設の稼動によりロボットを使った自動化設備の設計・製作を顧客から請け負うシステムインテグレータ(SI)への情報提供や教育などのサポート体制も強化する。SI専用の施設を設け、実際に同社ロボット製品を使用してSIとの関係を強化する。

 さらに、同施設に営業・技術の機能を集約したことにより、営業員・技術員一丸となった提案活動・技術相談、そして実機を使ったソリューションテスト・各種教育などのビフォアサービスも合わせて強化する。

 今後は、情報の収集・蓄積、分析、活用といったマーケティング機能の強化を製・販・技一体となって推進し、高度化・専門化する顧客のニーズを適切に反映した製品開発を行い、自動化拡大の余地のある産業分野(食品・医薬品・化粧品市場など)への提案・拡販など、ロボット適用分野の拡大をさらに加速していく。