三菱マテツールズ、びびり対応のボールエンドミルに小径サイズを追加

三菱マテリアルツールズ「VF-4SVB」 三菱マテリアルツールズ( http://www.mitsubishicarbide.com )は、難削材加工に適した4枚刃インパクトミラクル制振ボールエンドミル「VF-4SVB」に新たなサイズを追加、販売を開始した。

 航空機部品などに多く用いられるステンレス鋼やチタン合金、耐熱合金などの難削材の加工においては、高能率加工を行おうとするとびびり振動が発生し、問題となることがあった。同社はこの問題に対し、耐びびり性に優れた同品を商品化している。今回は、難削材小物部品の高能率加工に対応できる小径サイズを追加した。

 同品の特徴は以下の通り。

  1. R切れ刃に不等カーブ形状を採用し、難削材や薄肉部品の加工においても、びびりを抑制し、高能率加工を実現
  2. 従来の4枚刃ボールエンドミルに比べ、底刃部分のチップポケットを大きく確保することにより、切りくず排出性を向上
  3. 耐熱性に優れた"インパクトミラクルコーティング"を適用。高い皮膜硬さと耐酸化性、低い摩擦係数により、高精度・高品位加工を実現