住友電工、ナノ多結晶ダイヤモンドを刃先素材に用いた微細加工用切削工具

住友電工「スミダイヤ バインダレス」を刃先素材に用いた微細加工エンドミル 住友電工ハードメタル( http://www.sumitool.com )は、数十ナノサイズの微細な粒子を強固に直接結合したナノ多結晶ダイヤモンド「スミダイヤ バインダレス」を刃先素材に用いた微細加工用切削工具を2012年2月より販売する。

 「スミダイヤ バインダレス」、数十ナノサイズの微細なダイヤモンド粒子が強固に直接接合したダイヤモンド単相のナノ多結晶体。従来の人工ダイヤモンド単結晶の合成条件よりもさらに高い温度・圧力下で、特殊な方法により合成した。結合材を含まないダイヤモンド単相の多結晶体のため、単結晶ダイヤモンドより高い硬度を持ちながら、劈開(特定方向に沿って割れる現象)という単結晶ダイヤモンドの弱点を克服した。

 このナノ多結晶ダイヤモンドの切削工具への用途拡大を図るべく、刃先素材に用いて、同社は超硬合金などの硬脆材向け微細加工ボールエンドミル・旋削バイトを開発した。