engage

三菱重工業、搬送システムやゴム・タイヤ機械などの事業を行う新会社

 三菱重工業( http://www.mhi.co.jp )は4月1日付で、搬送システムやゴム・タイヤ機械などの事業を担う新会社「エムイーシーエンジニアリングサービス」を発足させる。同社機械事業部のそれら事業と、エムイーシーエンジニアリングサービス(MEC)、リョーセンエンジニアズ、広島菱重エンジニアリングの既存グループ会社3社を統合して発足する。

 新会社は、機械事業部の搬送システムやゴム・タイヤ機械事業などを会社分割により三菱重工業100%出資子会社のMECに承継させると同時に、広島菱重エンジニアリングとリョーセンエンジニアズを統合して発足する。本社は広島市西区に置き、主な事業として、搬送システム、ゴム・タイヤ機械のほか、製鉄機械上流設備、化学機械、その他製品の販売・設計・製作・据付・アフターサービスを手掛ける。資本金は10億円。発足時の従業員数は約800人で、社長にはリョーセンエンジニアズ社長の飯田和男氏が就任する。

 MECは搬送システムのアフターサービスを中心に制御系製品や海洋関連製品などを営むエンジニアリング企業。また、広島菱重エンジニアリングはゴム・タイヤ機械や大型製缶品の溶接・組立などを、リョーセンエンジニアズは搬送システムなどの詳細設計や構造設計などをそれぞれ手掛けてきた企業で、いずれも三菱重工業の100%出資子会社。

 新会社の事業のうち、搬送システムやゴム・タイヤ機械は生産の海外シフトを推進、国内は営業・エンジニアリングの拠点として体制強化を図る。また、製鉄機械上流設備は開発に注力し、関連装置の製品化を加速。化学機械は設計強化を図り、大型の化学機械や熱交換器の製造を拡大する。

 三菱重工業の機械事業部は、これまでに主力製品である製鉄機械を2000年に、また、コンプレッサを2010年にそれぞれ本体から切り離して事業会社化するなど、連結経営を推し進めている。今回の新会社発足はこれらに続くもので、同社とグループ会社に分散していた諸機能を統合するとともに、重複業務を廃して、スピーディで効率的な事業の展開を目指す。なお、新会社は機械・鉄構事業本部が直接管理する体制とし、機械事業部は解消する。