三菱重、中国に合弁で産業用ディーゼルエンジンの生産・販売会社を設立

 三菱重工業( http://www.mhi.co.jp )は、中国のディーゼルエンジン大手、上海柴油机股份有限公司(Shanghai Diesel Engine Co., Ltd.、以下、上海ディーゼル)と合弁で、ディーゼルエンジンの生産・販売会社「上海菱重発動機有限公司」を設立することで合意し、合弁契約を締結した。成長著しい同国の産業用ディーゼルエンジン市場に参入し、価格競争力を強化しながらシェア拡大をはかるのが狙い。生産・販売開始は2012年12月の予定。

 上海菱重発動機有限公司の資本金は、両社折半出資の2億元(約25億円)。本社所在地は上海市で、当面100億円規模の販売を見込む。将来的には200億円規模まで売上を伸ばす方針。

 生産機種は、三菱重工業から生産・販売ライセンスの供与を受ける出力500~1600kWの産業用ディーゼルエンジン。調達・販売・サービスに当たっては、上海ディーゼルが保有する広範なネットワークを活用する。

 今回の合弁新社設立は、拡大する中国市場でシェアアップを目論む三菱重工業と、出力500kWを超える産業用ディーゼルエンジン市場への本格進出を目指す上海ディーゼルの思いが一致したことによる。

 上海ディーゼルはディーゼルエンジンの老舗メーカー。中国自動車メーカーの最大手である上海汽車工業(集団)総公司(上海汽車)のグループ企業で、建設機械・発電・船舶向け出力100~500kW高速ディーゼルエンジンを手掛けて大きなシェアを持つ。従業員数は約3,300人。