不二越、超速スポット溶接用ロボットのラインナップを強化

不二越が「SRAシリーズ」のラインナップに加えた棚置きタイプ「SRAシリーズ」のラインナップに加えた棚置きタイプ 不二越( http://www.nachi-fujikoshi.co.jp )は、自動車の車体溶接工程の生産性向上に向けた高速化ニーズに対応するため、超速スポット溶接用ロボット「SRAシリーズ」現行の2機種に加え、新たに100kg可搬質量ロボットや棚置きタイプなど5機種を発売し、ラインナップを強化した。

 新たに軽量タイプのスポット溶接ガン(50~100kg)に最適な100kg可搬質量ロボットを開発した。これにより、スポット溶接工程のサイクルタイムを従来機使用時よりも最大40%短縮する。さらに、動作範囲を拡大して、従来、160kg可搬クラスのロボットが用いられてきた工程への置き換えを可能にした。

 また、中国をはじめとする新興国や欧米の自動車メーカーでは、車体生産ラインの多様化進んでおり、これらを考慮して、車体の上方から接近して溶接加工することが可能な棚置きタイプ、障害物を避けて溶接加工するためアーム長を300mm長くしたロングアームタイプなどをラ インナップし、市場投入した。これにより、フレキシブルな生産ラインの構築を可能にし、多様なニーズに対応する。