engage

産総研、室温で光による液化と固化を繰り返す材料を開発

 産業技術総合研究所( http://www.aist.go.jp )は、温度一定の室温状態で、光を照射するだけで液化と固化を繰り返し起こす材料を開発した。

 この材料は、糖アルコール骨格と複数のアゾベンゼン基を組み合わせた液晶性物質を用いたもので、加熱や冷却をしなくても、波長制御した光を照射するだけで液化と固化を繰り返す新しい光反応性材料である。一般的な室温環境では、光の作用だけで選択的かつ可逆的に単一物質の固体-液体転移が起こる初めての例となる。この材料を利用することで、再利用・再作業ができる光制御接着剤など、従来はなかった高機能材料の実現が期待される。

 開発した材料の特徴は、ごく一般的な条件の室温下において、液化・固化の変化を波長の違う光を照射するだけで制御できることにある。光による接着制御をはじめ、新しい特性に適した応用分野での幅広い用途開発を進めていく。また、合成法が量産化にも適していることから、外部への試料提供や共同研究を実施する予定。併せて、さらに性能を向上させた新しい光反応材料の探索と開発も行っていく予定。
紫外線を照射すると固体粉末が融けて液滴となり、可視光を照射すると再度固まる紫外線を照射すると固体粉末が融けて液滴となり、可視光を照射すると再度固まる