キヤノン、製品設計への活用で開発期間短縮するシステム

キヤノン「MRシステム」キヤノン「MRシステム」 キヤノン( http://canon.jp/ )は、現実世界とCGを融合し、製品設計時の開発期間の短縮を実現する「MR(Mixed Reality:複合現実感)システム」を、2012年7月下旬より発売する。

 近年製造業においては、製品のライフサイクルの短縮化が進み、製品をタイムリーに市場に投入することが求められている。設計時にMRシステムを活用することにより、ユーザーの姿勢の変化や動きに瞬時に対応する実寸大の3次元CGを用いて、製品のデザインや操作性の評価などが可能。これにより試作回数を削減でき、開発期間の短縮に加えてコストや環境負荷の低減が可能になる。

 同システムは、設計以外にも様々な場面で活用できる。たとえば、生産設備の配置前に工場内の最適なレイアウトをシミュレーションし、実際に工場内を歩きながら作業の効率性や安全性を検証できる。また、顧客の細かいニーズを満たした仕様の製品を、その場に実在するかのように再現し、それを様々な角度から確認できる。製造業以外の分野では、住宅をリフォームする際の内装の検討などでも活用できる。将来的には、外科手術のシミュレーションなど、さらに幅広い分野への展開を検討していく。

システム構成要素: システム構成要素システム構成要素: システム構成要素