川崎重工業、787ドリームライナーの100号機用前部胴体を納入

 川崎重工業は8月28日、「787ドリームライナー」基本型機(787-8型機)の100号機用前部胴体をボーイング社に納入したと発表した。

 「787ドリームライナー」は、すでに世界50社以上のエアラインとリース会社から800機を超える受注を獲得しているベストセラー機で、2011年に初めてエアラインに納入されて以来、これまで17機が引き渡されている。

 川崎重工業は、2005年5月より「787ドリームライナー」の開発および量産事業に参画し、前部胴体、主脚格納部および主翼固定後縁を担当している。同社が担当している胴体構造部位においては、民間旅客機として世界で初めて複合材製の一体成形構造が採用されている。また、2010年には、各分野で優れた成果をもたらした企業にボーイング社より贈られる「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

川崎重工業「787ドリームライナー前部胴体」787ドリームライナー前部胴体