帝人エンジ、ロボットハンドの交換・調整が不要な産業ロボット用ハンド

 帝人エンジニアリングは、掴む対象物の形状が変わっても、ハンドを交換することなく、しっかり掴むことができる新発想の産業ロボット用ハンドを開発、これまで限定的な販売を行ってきたが、このほど「てるぷよハンド」として本格展開を開始する。

帝人エンジニアリング「てるぷよハンド」を装着したロボットと二重構造の袋「てるぷよハンド」を装着したロボットと二重構造の袋

 同品は、製品や部品の工程間搬送を行う産業ロボット用ハンドとして開発したもので、搬送する製品や部品の形状が異なる場合でも、ハンドの交換や調整をせずに生産を継続することができるため、銘柄変更などによるロスを解消し、生産ラインの効率化を図ることができる。

 新しいハンドは、粒状の物体が入った内袋と、それを覆う外袋の2重構造の袋から成る。この袋をワークの形状になじませた後、内袋の空気を抜いて真空にすることで硬化させる。これにより、さまざまな形状のワークを把持する仕組み。これに対して従来は、ワークの形状が変わるたびにハンドを換える必要があった。受注生産のため、価格は要相談。ただし、従来のハンドの価格と同程度という。

 同社では、今後同品を組み入れた生産工程の設計・開発や、既存生産ラインの効率化などを提案していく。

帝人エンジニアリング「てるぷよハンド」のイメージ図帝人エンジニアリング「てるぷよハンド」のイメージ図