三菱電機、タービン発電機の生産台数が累計2000台を達成

三菱電機「タービン発電機外観」タービン発電機外観 三菱電機は、タービン発電機の生産台数が、2012年10月に累計2000台を達成したと発表した。

 同社のタービン発電機生産は、1908年に三菱造船所(長崎)での初号機生産に始まり、1923年以降は同社の神戸地区および長崎地区を生産拠点としている。2012年3月には、世界的な電力需要拡大に対応するため、電力システム製作所(兵庫県神戸市)内の工場新設や生産設備増強を実施し、年間生産能力を従来比約30%拡大するとともに、世界最大容量2000MVA級発電機の製造を可能とした。

地域別納入実績地域別納入実績 今回の記念すべき2000台目は、米国大手エネルギー会社ドミニオン社(Dominion Resources, Inc.)傘下のドミニオン・ヴァージニア・パワー社(Dominion Virginia Power)のウォーレンカウンティー火力発電所向け蒸気タービン発電機(682MVA)。