富士通、航空機部品サプライヤー向けにトレーサビリティシステムを提供

 富士通は、RFIDなどのAIT(Automated Identification Technology)タグを航空機部品に貼付し、部品の個体管理と正確なトレーサビリティシステムを航空機部品サプライヤー向けに提供する。

 このシステムは、AITタグ、リーダ・ライタ、ミドルウェア、アプリケーションで構成され、航空業界で求められる厳しい耐環境性規定、ならびに航空業界の標準データフォーマットである「ATA Spec 2000 Chapter 9-5」などに準拠している。

 航空機部品サプライヤーは、製造段階から各部品にタグを貼付することで、部品の製造年月日、部品構成情報、整備履歴などを業界要求に準拠したフォーマットで一元管理することができ、航空機部品の製造から整備までの各ライフサイクルにおいて、正確なトレーサビリティを実現する。

 これにより、安全性が重要視される航空機業界における部品管理の正確性と効率化、部品サプライチェーンの見える化による納期短縮や欠品防止を実現するとともに、流通在庫を含む在庫や仕掛品の削減によるキャッシュフローの最大化を実現する。

富士通「トレーサビリティシステムのイメージ」トレーサビリティシステムのイメージ