タンガロイ、経済性に優れるインサートシリーズを拡充

タンガロイ「EcoTurn」 タンガロイ( http://www.tungaloy.co.jp )は、小型化により経済性に優れるEco(エコ)インサートシリーズ「EcoTurn(エコターン)」の拡充を行う。拡充インサートを2013年8月22日に、拡充ホルダを2013年8月30日に全国で販売開始する。

 EcoTurnは、一般的に多く使用されている標準インサートサイズよりも小型にすることで超硬使用量を削減し、1コーナあたりの工具費を低減する経済性に優れたシリーズである。今回の拡充は、インサート材種、チップブレーカ、TNMG形状の拡充、およびレバークランプ仕様のP形バイトの拡充となる。

 インサート材種には、ステンレス鋼旋削加工用インサートの「AH600(PVD材種)」、「T6100(CVD材種)」とコーテッドサーメット材種「GT9530」が拡充される。また、チップブレーカについてはステンレス加工用「SSブレーカ(仕上げ切削用)」と「SMブレーカ(中切削用)」を拡充する。さらに、ホルダは操作性とインサートクランプ剛性に優れる「A形バイト」に加え、汎用性が高いレバークランプ仕様の「P形バイト」を拡充する。今回の拡充により、鋼切削加工に加えてステンレス加工においても生産性向上とコストダウンを図ることができるという。