東北大、3Dプリンターで人工関節を製造する際に最適な設計が可能に

 東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授らの研究グループは、金属用3Dプリンターである電子ビーム積層造形装置を用いて人工股関節等に用いられている医療用コバルト−クロム合金を造形すると、原子の周期配列が一方向に揃うことを見出した。この成果により、3Dプリンターで人工関節を製造する際に最適な設計が可能となるという。

 また原料粉末には、国産のコバルト-クロム合金を用いており、現在ほとんどを欧米から輸入している人工関節の国産化にも大きな弾みをつけると期待される。 また、この現象は、コバルト合金以外の合金でも生じると考えられるとして、ジェットエンジンタービンブレード等、3Dプリンターを用いた様々な金属製品の開発においても活用できる現象だという。

 この研究は、文部科学省補助事業「地域イノベーションクラスタープログラムグローバル型「いわて発」高付加価値コバルト合金によるイノベーションクラスターの形成」の一環として行われたもの。