三井情報、医療器具の個体識別に加え、滅菌コンテナ単位でのトレーサビリティを実現するサービスを開始

 三井情報は、医療機器輸入・販売のメッツと協業し、滅菌コンテナ単位で医療器具を管理し状態を可視化するサービスを提供する。三菱情報の医療器具UDI(Unique Device Identification:個々の医療器具ごとに使用実績を認識すること)サービスに同サービスを加えることで、医療器具の管理全プロセスの把握を実現する。

 医療の現場においては、人命に関わる医療器具を安全かつ確実に管理することは不可欠である。三井情報は、個々の医療器具に2次元バーコードを刻印して使用状態を把握・管理するUDIサービスを提供しているが、さらなる付加価値向上のため、メッツが提供する「手術器材滅菌・洗浄管理システム DI-ARC」を活用し、滅菌管理用のバスケットやコンテナにICタグを取り付け、コンテナ単位での管理履歴や位置情報を把握するサービスを提供する。

 この二つのサービスを合わせて提供することによって、医療器具について、いつ・誰が・何を実施したかだけでなく、所在や在庫まで把握し、全プロセスを管理することが可能となる。これにより、医療現場における利便性や安全性が向上する。