JAIMAとJSIA、分析機器・科学機器遺産認定2014の申請受付を4月1日から開始

 日本分析機器工業会(JAIMA)と日本科学機器協会(JSIA)は、「分析機器・科学機器遺産認定」の募集を開始する。

 同認定事業は、日本国民の生活・経済・教育・文化に貢献した貴重な分析技術・分析機器や科学機器を、文化的遺産として後世に伝えることを目的に2012年度より毎年実施している。認定された遺産に対しては、要望により1件あたり10万円を限度に保存助成金を支給する。申請期間は2014年4月1日から5月21日まで。認定された機器等は2014年9月3日から幕張メッセで開催されるJASIS 2014(旧分析展/科学機器展)で、展示(実物もしくはパネル)及び認定証授与式を行う予定。

 詳細は http://www.jaima.or.jp/jp/heritage/ から。