日立化成、太陽電池の変換効率を向上する波長変換粒子

紫外線下の製品写真紫外線下の製品写真 日立化成は、太陽電池の封止シート向けに、太陽光発電の変換効を率向上する波長変換粒子の量産体制を確立し、販売を開始する。

 今回販売を行う波長変換粒子は、アクリル樹脂粒子内に蛍光体粒子を含有させたものであり、これまで発電に利用できなかった短波長の光(紫外線)を長波長の光(可視光)に変換する機能を持っている。この粒子を使用した封止シート(波長変換フィルム)を用いた太陽電池モジュールでは、変換効率の向上が最大で2.2%程度見込まれる。 また、この粒子は耐久性に優れたアクリル樹脂に分散させていることから、太陽電池モジュールの耐久性を損なうこともない。 加えて、封止シートメーカーがこの粒子を封止シートに混合させる際、封止シートメーカー側でのプロセス変更の必要はなく、生産性には影響を来たさずに変換効率を向上させることができる。

 同社は今後、同品の特長である、短波長の光(紫外線)を長波長(可視光)に変換するという機能を活用し、光学部材への展開や、本粒子をインク等に混合させることによる偽造防止ラベル・タグ等への活用など新たな用途展開も進めていく。