安川電機、歩行アシスト装置の研究会を発足

 安川電機は、脊髄損傷患者向け歩行アシスト装置「ReWalk」の2015年の本格販売開始に向けて、「ReWalk研究会」を発足した。

 同研究会は、国内でのReWalkの臨床応用・研究を促進し、病院および施設、個人での使用に向けた安全性確保と使用効果の最大化を目的としている(世話人:産業医科大学リハビリテーション医学講座准教授 和田 太氏)。

 また、ReWalkは2014年6月に、歩行アシスト装置としては初めて、米国食品医薬品局(FDA)の個人向け機器認可を取得し、個人での購入が可能となった。国内においても、個人向け販売に向けて、医療機関との協力関係ならびにトレーニング施設などの準備を進めている。

 今後、国内の展示会等を通じ積極的なPRを展開し、医療機関をはじめ広く認知度の向上を図りながら独占販売権を持つアジア5ヶ国(中国、韓国、台湾、シンガポール、タイ)への販売準備も加速する。

安川電機「ReWalk」安川電機「ReWalk」