ソフトバンク、ロボット事業専門の子会社を設立

ソフトバンク「pepper」 ソフトバンクは2014年8月1日、ロボット製品・サービスの提供を行う新会社「ソフトバンクロボティクス」を設立したと発表した。

 ソフトバンクグループは、2014年6月に世界初の感情認識パーソナルロボット「Pepper」を発表し、2015年2月の一般販売に向けて現在開発を進めている。今回、開発を一層加速させるために、ロボット事業を専門にする会社として設立されたソフトバンクロボティクスが、ソフトバンクモバイルのロボット事業を譲り受けることとなった。

 今後、ソフトバンクロボティクスは、さまざまな企業と協力しながら 、「Pepper」の開発をはじめとするロボット事業を一層推進していく。