神戸大とバンドー化学、包括的な産学連携推進に関する協定書を締結

 神戸大学とバンドー化学は、包括的な産学連携推進に関する協定書を締結する。両者は地理的にも密接な連携が可能であり、連携活動の効果を最大限にするために自然科学系(保健学・工学・システム情報学等)に社会科学系(経済経営学)も含めた戦略的な協力関係を構築することが双方にとってメリットがあると判断し、包括的連携協力を推進することで両者の合意が得られた。

 バンドー化学では、神戸医療産業都市計画に参画し医療産業分野における効率的な情報収集を推進するため、医療関連事業の対応を本社事業所に集約し、新たな製品開発に取り組んでいる。その一環として自社の新技術である「伸縮性導電エラストマー素材」について、神戸大学大学院システム情報学研究科にて電子回路設計技術の指導を受けて、用途開発へ向けた基礎的検討を重ねてきた。

 神戸大学は、保健学研究科、医学研究科、医学部附属病院等を通じて、地域の医療・福祉の発展に貢献してきた。今回、バンドー化学の新技術の従来にない特長に注目し、障碍者・リハビリテーション医療現場におけるニーズに応えて新しい医療・福祉製品を共同開発し、臨床に適用することに合意した。

 連携活動の方向付け、レビュー等の運営方針などの協議・策定は両者の連携責任者を長とする連携協議会で実施する。その下に各領域代表者を配置して共同目標の達成へ向けた連携活動を実施する。今年度は、重度障碍児(者)コミュニケーション分野や呼吸器リハビリテーション分野等で、具体的な共同研究テーマ等を選定、推進するとともに臨床応用に必要な基盤的研究を実施していく予定。