日立化成、大型高圧タイプフィルムコンデンサをOEM販売

 日立化成とドイツのELECTRONICON Kondensatoren GmbH(エレクトロニコン社)は、世界的に市場が拡大するパワーエレクトロニクス向け大型フィルムコンデンサの需要を取り込むため、エレクトロニコン社が製造する大型高圧タイプフィルムコンデンサを日立ブランドで販売するOEM販売契約について合意した。今年10月1日に日本市場を中心に販売を開始する。

 日立化成は、蓄電デバイス事業の一つとして、コンデンサ(アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサ)の製造・販売を行っている。そのうち長寿命が特長であるフィルムコンデンサについては、自動車電装用を中心に実績をあげている。

 近年、再生可能エネルギーを利用した電力システムや環境対応自動車などパワーエレクトロニクス分野での大型フィルムコンデンサの需要が世界的に拡大してきていることから、この分野で世界的に実績のあるエレクトロニコン社より「メタライズドポリプロピレンコンデンサ」のOEM供給を受け日立ブランドで販売することとした。

 今回の契約締結により、日立化成のフィルムコンデンサのラインアップは、AC・DC(交流・直流)、中・小型から大型まで大幅に拡充される。省スペース、低価格が特長であるアルミ電解コンデンサの製品群と合わせ、蓄電デバイス事業を同社の将来の柱とすべく取り組んでいくという。