JFEスチール、980MPa級の高張力熱延鋼板がトラック車体の衝突安全部品に採用

 JFEスチールは、引張強度100kg(980MPa)級の高張力熱延鋼板「JFE-HA980SB」が、三菱ふそうトラック・バスの大型トラック 「スーパーグレートV」のフロントアンダーランプロテクションに採用されたと発表した。980MPa級の高張力熱延鋼板がトラック車体の量産部品に採用されるのは世界初になるという。

 フロントアンダーランプロテクションは、ボンネット型乗用車と大型トラックの正面衝突時に乗用車が大型トラック前面下部にもぐり込むことを防ぐため、大型トラックのフロントバンパー下面に装着される衝突安全部品で、衝突時に大きく変形しない極めて高い強度が求められる。

 このような衝突安全部品の素材には高強度で厚肉の鋼板が必要とされ、特に大型車の場合は板厚の厚い熱延鋼板が適しているという。一方、鋼板は強度が増すほど加工性が低下する特性があり、980MPa級の強度と部品への成形に耐え得る加工性を有する熱延鋼板を安定的に製造することは難しく、長らく量産部品採用への大きな課題となっていた。

 同社では、強度と加工性のバランスに優れたベイナイトと呼ばれるミクロ組織に着目し、合金成分の最適化および同社独自の温度制御技術の適用により、ベイナイト組織を均一かつ安定的に作り込むことに成功した。これによりトラック車体の衝突安全部品に必要な、高い強度と良好な加工性を両立させた。また、鋼板組織の均一化により、板厚の厚い熱延鋼板においても、成形時の打抜端面の荒れを大幅に抑制させた。

JFEスチール「フロントアンダーランプロテクションと鋼板の使用部位」フロントアンダーランプロテクションと鋼板の使用部位