リコー、治具や型、部品などを3Dプリンターで直接製造するサービス

 リコーは、製造現場向けの新たな3Dプリント関連サービス「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services」のを4月27日から開始する。サービスの提供にあたり、3Dプリンターおよびアディティブ・マニュファクチャリング業界の世界大手であるストラタシス社(イスラエル、米国)の国内販売代理店であるアルテックと協業する。さらにアルテックを通じて、ストラタシス社の日本支社であるストラタシス・ジャパンとも協力体制を築くという。

 リコーは、昨年9月から3Dプリンターをキーとしたアディティブ・マニュファクチャリング事業(AM事業)を開始しており、新しいサービスはこの事業の一環として提供するもの。

 同社は、より効率的かつ短期間でのものづくりが求められる近年の製造業において、工場で利用する治具や型などのツール類や最終的に製品に組み込む部品を3Dプリンターで直接製造するDDM(ダイレクト デジタル マニュファクチャリング)という手法を導入している。この製造手法のノウハウを活かし、顧客へのコンサルティングから3Dデータの設計、造形(3D出力と後処理)までを一貫して提供することにより、製品を市場に出すまでの時間短縮や製品自体の付加価値向上を図る。

 このサービスは、「RICOH Rapid Fab 厚木」(神奈川県厚木市)を拠点とし、専門の技術者と複数の方式の3Dプリンターを10台程度配置する。これにより、さまざまな材料による造形が可能で、特殊な材料を利用した部品や小ロットの生産にも対応できる設備を構築する。

新サービスの提供拠点「RICOH Rapid Fab 厚木」の設備: 新サービスの提供拠点「RICOH Rapid Fab 厚木」の設備新サービスの提供拠点「RICOH Rapid Fab 厚木」の設備: 新サービスの提供拠点「RICOH Rapid Fab 厚木」の設備