ミネベア、光の配光角を自動で可変できるLED照明器具

ミネベア「SALIOT」 ミネベアは、スマートフォン用LEDバックライトで培った導光板の技術・樹脂成形技術を応用し、光の配光角を自動で可変できるLED照明器具「SALIOT(サリオ)」を開発、販売を開始した。

 同品は、発光ダイオードとレンズの距離をモーターで制御することで、光の照射域や角度を10°~30°まで調整できるだけでなく、無線技術を応用した独自のソフトウェア開発により、スマートフォン・タブレットで配光角・明るさ・上下・左右を容易にコントロールすることができる。また、1台の照明で複数の光を演出することが可能で、特に大型・高天井のショッピングセンターなどの商業施設、カーディーラーなどのショールーム、博物館・美術館、教育施設、イベントスペース、ホテルなど、さまざまな場面での使用が見込まれている。