川崎重工業、ワシントン首都圏交通局向け新型地下鉄電車220両を追加受注

川崎重工業の地下鉄電車(7000系) 川崎重工業は、ワシントン首都圏交通局(WMATA: Washington Metropolitan Area Transit Authority)より地下鉄電車(7000系)220両を追加受注したと発表した。契約金額は約400百万ドル(約480億円)で、リンカーン工場(米国ネブラスカ州)で製造し、2018年から2019年にかけて順次納入する予定。

 今回の受注は、2010年に受注したベース契約64両に付随する最後のオプション契約220両が行使されたもの。今回のオプションが行使されたことで、7000系の受注総数は748両、契約総額は14.7億ドル(約1760億円)になる。

 今回のオプション分は、既存車両の置き換えを目的とするもので、オプション車両納入後はWMATA保有車両の半数以上が同社製になる。

 7000系地下鉄電車は、ダレス国際空港への延伸計画、老朽化した既存車両の更新計画ならびに、混雑緩和など旅客サービス向上計画に伴って導入される車両で、2015年4月から順次、営業運転に投入され、順調に運行されている。同地下鉄電車は、WMATAとして初めてステンレス鋼製の構体を採用するとともに、従来各車両に設置していた運転室を2両あたり1箇所に減らすことで座席数を増加している。また、デジタルコンテンツ表示装置やCCTVカメラ、情報伝送システムなど最新システムを備え、安全性はもとより信頼性や快適性にも配慮している。

 米国では、今後も北東回廊を中心に都市交通の車両更新や輸送力増強のためのプロジェクトが実施されることが予想されている。