再生可能エネルギー世界フェア2015開催、太陽光・風力発電のシステムから部品までを提案

再生可能エネルギー世界フェア2015のもよう 「再生可能エネルギー世界フェア2015」として7月29日から31日までの3日間、太陽光発電協会が主催する「PVJapan2015」と再生可能エネルギー協議会が主催する「第10回再生可能エネルギー世界展示会」が東京ビッグサイトで開催された。

 PVJapanでは、国内外の太陽電池メーカー、インストーラー、関連製品メーカー、製造装置メーカー、部品・材料サプライヤー、大学・研究機関など太陽電池に関わる幅広い分野から製品・技術が展示された。需要の多い住宅用太陽光発電システムでは、シャープが太陽光発電、クラウド蓄電池、クラウドHEMS(Home Energy Management System)で拡がる新たなエネルギーソリューションとして、DCハイブリッドエアコンを参考出展、エネルギーを有効活用して経済的で快適な生活を提案した。このシステムは、高効率単結晶太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」などで発電した直流の電力をクラウド蓄電池システムに蓄電。放電を自動制御するクラウドHEMSとAC/DCのどちらの電流も受けられるハイブリッド型のエアコンで運転を行い、家庭内におけるエネルギーの有効活用を図る。

 再生可能エネルギー世界展示会では、再生可能エネルギーをはじめ、エネルギーと環境の全分野において製品・技術・サービス・周辺機器・情報が展示された。THKは、ベアリング部分を垂直軸風車用に最適化し、軽く動き、低風速でも始動し垂直軸風車を高効率化することができる垂直軸シャフトユニットを展示。また、大型水平軸の要素部品として、従来の大型ベアリングや歯車も用いた駆動装置に代わるYaw軸ユニットやPitch軸ユニットを提案した。こうして発電したメガワット級の電力を貯蔵するシステムとして日本ガイシがNAS電池を紹介。独自の高度なセラミック技術により、大容量、高エネルギー密度、長寿命を特長とし、鉛蓄電池の約3分の1のコンパクトサイズで長時間・高出力の電力供給が可能。電力需要の少ない夜間に充電し、昼間のピーク時に放電することで最大電力使用量を削減でき、停電時の非常用電源や瞬時電圧低下への対策としても有用。国内および海外で、190ヵ所以上、約450MW/3000MWhの設置実績があるという。