engage

川崎重工業、可搬質量1tの超重可搬・高剛性ロボット

川崎重工業「MG10HL」MG10HL 川崎重工業は、同社最大となる可搬質量1tの超重可搬・高剛性ロボット「MG10HL」を2015年12月2日から販売を開始する。

 昨今、自動車や船舶、鉄道車両、航空機などの大型製品のほか、1tを超える重量の鋳造品・鍛造品ならびに資材・建材など、超重量物の搬送ニーズが高まっているため、同社はこれまでの最大可搬質量7000kgに加えて、汎用用途に適用できる超重可搬ロボット同品をを新たに開発した。

 同品は、最大リーチ4005mm、上下ストローク4416mmの広い動作範囲を持ち、最大1t(オプションで1.5まで対応可能)の重量物のハンドリングが可能。第1軸から第3軸の各軸にモータを2個ずつ配置することで、従来機種とのモータ互換性を確保しつつ、高トルクおよび重可搬質量を実現した。また、第2軸と第3軸の駆動機構にボールネジを採用することにより、カウンターウェイトを使用せずに重可搬質量を実現しているほか、従来にない剛性を生かし、耐高反力性が求められる用途への活用が期待できる。さらに、ロボット本体を軽量・コンパクトに仕上げることで設置レイアウトの自由度を高め、対象物の変更に柔軟に対応できる汎用性にも優れている。