神戸製鋼所、耐応力腐食割れ性に優れる高強度7000系アルミ合金

 神戸製鋼所は、耐応力腐食割れ性(耐SCC性)と耐力400N/mm2級の高強度を両立させた7000系アルミ合金「7K55」を開発した。すでに日系自動車メーカーでバンパービーム用押出材として採用が決まっており、今後、更なる採用拡大を目指す。

 自動車分野では、近年の環境規制の強化により車体の軽量化ニーズが高まっており、軽量化の有効な手段として、バンパービーム、骨格材などでアルミ押出材の需要が拡大しているという。

 バンパービームは、衝突時にエネルギーを吸収し、搭乗者を衝撃から守る役割を担っており、高い強度が求められる部位。亜鉛やマグネシウムを添加することで強度を高めた7000系アルミ合金は、現在アルミ製バンパービームで主流となっている6000系アルミ合金と比較して、より薄肉での設計を可能にする。同品をバンパーに適用すると、部品重量が6000系アルミ合金製比で約30%軽量化されるという。

 一方、7000系アルミ合金は、一般的に高強度になるほど耐SCC性が劣化する特性があり、高強度化と耐SCC性の両立が課題とされていた。同社は、化学成分と熱処理条件を最適化し、適切な組織制御を行うことで、同社従来品に対して耐SCC性を維持しつつ、約30%高強度化した耐力400N/mm2級合金の開発に成功した。