IHI、JFEエンジ、三菱重など、トンネル用シールド掘進機事業統合

 IHI、JFEエンジニアリング、IHIの連結子会社でJFEエンジニアリングが49%を出資するジャパントンネルシステムズ(JTSC)、三菱重工業、および三菱重工業の完全子会社である三菱重工メカトロシステムズ(MHI-MS)の5社は、トンネル用シールド掘進機(以下、シールド)事業統合について、新事業会社の設立および運営のための諸条件について合意した。

 事業統合は、JTSCとMHI-MSのシールド事業を新事業会社に分割・承継することにより行う。新事業会社は2016年10月1日を目途にIHIの連結子会社となり、出資比率はJTSC60%・三菱重工業40%、本社は神奈川県川崎市とする予定。今後5社は、統合完了に向け関連当局の承認取得等の手続きを進める。

 IHI、JFEエンジニアリングおよび三菱重工業の3社は互いに連携して、これまでと同様に同事業を全面的に支援していくという。