ジェイテクト、北京モーターショーに出展、EPSなど展示

 ジェイテクトは、4月25日~5月4日に中国・北京市の中国国際展覧中心で開催の「北京モーターショー(Auto China 2016)」に出展している。

 今回の出展では、中国市場で掲げるブランドメッセージ「Creating the next value -传动精彩,转动未来-」をテーマに、中国市場ニーズに合致した以下のような低燃費や環境対応技術を紹介する。

・電動パワーステアリング各種製品…1988年に世界で初めて開発・量産に成功した初代EPSをはじめ、中国で量産されている、高出力化と車両搭載性の向上を同時に実現するデュアルピニオンEPS(DP-EPS)を展示。また、今後日本での量産計画を進めている高級車、大型車向けの高出力EPSのラックパラレルタイプEPS(RP-EPS)、さらには機能安全対応技術を搭載したモータ一体のECUなど、多様な製品群を紹介、パイオニアとしての存在感を訴求。

・電子制御カップリングシステムITCC…4輪駆動車の環境性能を高める駆動製品。閑居いう性能のニーズが高まりつつある中国市場で、駆動製品による低燃費化に貢献する製品として現地市場のユーザーに紹介。

・燃料電池車(FCV)MIRAIカットモデル…中国市場で初出展となるカットモデル。EPSやハブユニットなどに加えて、「高圧水素供給バルブ」や「減圧弁」といった水素の流量を制御するFCVに貢献する独自技術を中国で初めて披露。

ジェイテクト「北京モーターショーのブースイメージ」北京モーターショーのブースイメージ