三菱電機、世界最高速となる分速1230mの超高速エレベーター技術を開発

三菱電機のエレベーターが採用された建物の外観建物の外観 三菱電機は、世界最高速となる分速1230mのエレベーター技術を開発し、中国・上海市の中国最高層ビル「上海中心大厦」(地上632m)向け世界最高速エレベーター3台のうち1台に適用する。

 このエレベーターは、巻上機モーターの出力を最大限に引き出す制御盤や調速機・ブレーキ装置・緩衝器などの安全装置の開発により、分速1230mを実現した。地下2階から地上119階の展望階まで約53秒で到達する世界最高速のエレベーターとなる。同社の技術により、世界最高速を実現しつつ、さらなる安全性と世界トップクラスの乗り心地・静粛性・省エネ性を実現した。