engage

日本精工、自動車技術展2016名古屋に出展

日本精工「次世代クリープフリー軸受」 日本精工は、6月29日~7月1日、名古屋市のポートメッセなごやで開催された「人とくるまのテクノロジー展2016名古屋」に出展、以下の展示を行った。

・アクティブオンセンタリング制御を搭載した電動パワーステアリング(EPS)…ドライバーがハンドルにかける力加減と車速や舵角といった走行情報を組み合わせて演算することで、ハンドル操作時にEPSが常に最適な舵角とアシスト力と導き出す技術。安定した軌跡で直進状態に戻ることで、高速走行での車線変更の際のふらつきや、低速走行時にハンドルを戻すわずらわしさを低減し、ストレス、無駄、無理のない操作に寄与する。実装試験動画を織り込んだ映像を交えて紹介した。

・次世代クリープフリー軸受(写真)…設計・材質を最適化することで起動輪(外輪)の剛性確保と独自開発した高温耐油性Oリングにより、機械的な固定をすることなく、高温の潤滑油にさらされる環境下においても"クリープ"と呼ばれる軸受のすべり現象を大幅に抑制した。クリープに起因する振動とノイズの増大が抑制されることで、HV・EVのさらなる快適性向上に貢献する。

・低ドラグフリクションプレート「ν(ニュー)マルチセグメント」…自動変速機の湿式クラッチには、摩擦材を貼付けた"フリクションプレート"が多く使われているが、クラッチが空転している時は、潤滑油膜のせん断によるドラグ(引きずり)が発生し、変速機の伝達効率を悪化させる。本品は、摩擦材の形状を工夫してクラッチ隙間への空気の取り込みと油膜の破断を促進することで、従来のフリクションプレートに対して大幅なドラグ低減を実現し、燃費改善に貢献する。

 これらの展示のほか、小型・軽量化と低摩擦損失化による燃費低減効果で環境に貢献する軸受製品やHV・EV向け最先端技術を展示したほか、ブース正面では、技術者による環境と安全に貢献する同社製品・技術のプレゼンテーションと創立100周年を記念した展示を実施した。