日本テクノセンター、11/12に「金型における耐久性向上のための表面処理と寿命向上対策」を開催

 日本テクノセンター( http://www.j-techno.co.jp/ )は11月12日、東京都新宿区の同社研修室で、金型長寿命化のための改善手法について数多くの事例を基に、わかりやすく解説する講座「金型における耐久性向上のための表面処理と寿命向上対策」を開催する。講師は岐阜大学 地域連携スマート金型技術研究センター 特任教授 博士(工学) 土屋能成氏が務める。

 同講座ではまず、金型材料の主流である工具鋼について学び、次に耐久性を持たせるための表面処理について理解を深める。その後金型寿命についてその原因である各種損傷要因を知るとともに、改善手順を習得する。講座では多くの事例を示しながら講義を進めるという。

 料金は48600円、同時複数申し込みの場合は43200円。 セミナーの詳細・申し込みはこちらから。