京セラ、人工股関節向けの表面処理技術が全国発明表彰の経済産業大臣賞を受賞

 京セラと東京大学が共同開発した人工股関節向けの表面処理技術「Aquala(アクアラ)」(特許第4963838号)が、発明協会が主催する「平成30年度全国発明表彰」の「経済産業大臣賞」を受賞した。同表彰は、日本の科学技術の向上と産業の発展に寄与することを目的に、1919年(大正8年)から始まり、独創性に富む優れた発明や、今後大きな功績を挙げることが期待される発明などを表彰している。

 「Aquala」は、変形性股関節症などの疾患や骨折などによって機能を失った関節部分を置き換えるための人工股関節を構成する製品(寛骨臼(かんこつきゅう)ライナー)に用いる表面処理技術。本技術は、人体の細胞や組織との馴染みの良い生体親和性ポリマー(MPCポリマー)を使用し、関節軟骨と類似の表面構造にする同社独自のコーティング技術。

 「Aquala」を用いることによって、これまで人工股関節置換手術の課題とされていた人工股関節のゆるみや周囲の炎症を抑制し、生体内における人工股関節の耐用年数の延伸が期待できる。本技術を採用した人工股関節は、2011年4月28日に厚生労働省より製造販売承認を取得し、これまでに国内で4万5千症例以上の手術に使用されている。
Aqualaのイメージ図