AGC、コーティングなどの新たな可能性を引き出す協創プロジェクト

AGC「SILICA」 AGC( www.agc.com )は、これまで培ってきた独自の素材と技術の新たな可能性を引き出し、イノベーションを生み出すための協創プロジェクト「SILICA(シリカ)」を始動する。その第一弾として、同社の保有する「化学強化技術」、「コーティング技術」、「挟込み成形技術」を題材に、クリエイティブパートナーと協創し、技術の新たな魅せ方を検討する。

 同社は祖業のガラスに加え、電子・化学品・セラミックスなど多彩な事業を持つ素材メーカー。これまで各分野で培った多様な技術を組み合わせ、人々の生活に新たな機能や価値を提供し続けてきた。近年社会の変化のスピードはますます速くなっており、さらなる開発スピードの加速が求められている。こうした状況から、同社の保有する素材と技術の新たな可能性を引き出しイノベーションを生み出すために、外部の技術・知恵・アイデアを積極的に取り入れる協創プロジェクト「SILICA」を新たに立ち上げた。

 今回はその第一弾として①スマートフォン、タブレットPC、自動車インテリア用などのカバーガラスを割れにくくする「化学強化技術」②ガラスや樹脂フィルムなど様々な材料に機能を付与する「コーティング技術」③ガラスに様々な素材を挟み込む「挟込み成形技術」の3点を題材に、クリエイティブパートナーとともにこれらの技術の新たな可能性を探り、それを体現したプロダクトを製作する。
 
 なお本プロジェクトの成果は、12月12日からAGC Studioで開催する企画展「AGC Collaboration Exhibition 2018」で展示の予定。