THK、幅広形高剛性ローラガイドを発売

 THK(Tel.03-5735-0225、 http://www.thk.com )は、ローラーリテーナ入りLMガイドSRG形のLMレール幅を広げ、レール取付け穴を2列にしたことで、取付け強度・取付け安定性が向上した幅広形 超々高剛性ローラーガイド「幅広形 ローラーリテーナ入りLMガイドSRW130,150」を発売した。

 ローラーリテーナの採用によりローラーのスキューが防止され、低フリクションでスムーズな動きとなり、さらに長期メンテナンスフリーを実現する。2列の取付けボルトで幅広レールを固定できるため取付け強度が向上したほか、幅方向の転動面距離(L)が広いため、ローリング方向のモーメント負荷(MCモーメント)に対して強い構造になっている。転動体には剛性の高いローラーを使用。ローラーリテーナにより、ローラーが均一に整列されて循環するため、ブロック負荷域進入時のスキュー(ローラーの倒れ)を防止することができ、転がり抵抗の変動も小さく安定した滑らかな動作が得られる。LMブロックに作用する4方向(ラジアル方向、逆ラジアル方向、横方向)に対して同一定格荷重となるように各ローラー列を接触角45°で配置したため、あらゆる方向に高い剛性がある。ローラーリテーナによりローラー同士の相互摩擦がなく、隣り合ったローラー間にあるリテーナのグリースポケットに潤滑油が保持される。循環時にはリテーナとローラーの接触曲面に必要量の潤滑油が供給されるため長期にわたるメンテナンスフリーを実現する。