ジェイクトがDLCで中部経済産業局長賞

 ジェイテクト( http://www.jtekt.co.jp )と豊田中央研究所( http://www.tytlabs.co.jp )が共同で発明した、電子制御4WDカップリング(ITCC)に使用されている「DLC-Si(シリコン含有ダイヤモンドライクカーボン)被膜電磁クラッチ」が、平成20年度中部地方発明表彰において中部経済産業局長賞と実施功績賞を受賞した。

 中部地方発明表彰は、発明の奨励のために設立された社団法人発明協会が全国各地域において 優秀な発明の完成等を表彰するもの。

 4WD車の走行安定性や安全性を向上させるため、さらに低燃費を実現するためITCCのニーズが高まってきているが、ITCC用クラッチの自励振動制御と長寿命化という課題があったという。これらの課題を、シリコンを含有したダイヤモンドライクカーボン(DLC-Si)というダイヤモンドに近い特性を持つ、摩耗に強い非結晶の炭素を厚さ3μで被膜した電磁クラッチで解決したのが今回の発明。

 この被膜により、数μの摩耗もさせない信頼性を確保し、ITCCの電磁クラッチの密着性を向上させ、耐久性は従来品(ジェイテクト製)に比べ8倍にまで高めることが可能となった。

 電磁クラッチにDLC-Si薄膜処理をしたITCCの需要は高く、2007年の販売台数は2003年の4倍となり、4WD車の運動性能向上と軽量化を実現し、低燃費化による地球環境負荷低減に大きく貢献している。