「月刊Soft Matter」8月号「ソフトマターの分析・解析技術」発行!

SoftMatter8表紙s “やわらかい物質”と計測・評価の技術情報誌「月刊Soft Matter」の第5号となる2018年8月号が8月6日に小社より発行された。同特集では、小角中性子散乱(SANS)法や核磁気共鳴(NMR)法、さらには走査型透過X線顕微鏡(STXM)などによる固体高分子形燃料電池の電極微細構造の解析や、動的粘弾性法や動的光散乱(DLS)法を用いた高分子ハイドロゲルの架橋構造解析、分子シミュレーション手法によるソフトマター界面の解析について、それぞれ事例を紹介する。また、ソフトマターを用いたベアリングなどの可動部品について、金属部品の代替を可能にする耐久評価試験や、さらに試験データセットを活用したIoT化などについて紹介する。

ニュースヘッドライン

挨拶する安部社長 パーカー熱処理工業( http://www.pnk.co.jp )主催、日本パーカライジング( http://www.parker.co.jp/ )共催、パーカーS・N工業( http://www.parker-sn.co.jp/ )・日本カニゼン( http://www.kanigen.co.jp/ )協賛の「第16回表面改質技術研究会」が10月12日、東京都千代田区の日本工業倶楽部で開催、約200名が参加した。

1823NTN01 NTNは本年8月末から、ドイツで海外初となる工作機械向け精密軸受の量産を開始する。現地生産化によって工作機械向けの納入リードタイムを短縮、3年間で欧州市場での精密軸受の売上高を約3割拡大する計画だ。

180807フェローテック1 フェローテックホールディングス傘下のフェローテック( http://ferrotec.jp/ )は本年1月、「オートモーティブ プロジェクト」を立ち上げた。すでに自動車用温度調節シート向けで多くの採用実績を持つ「サーモモジュール(ペルチェ素子)」、さらには同社創業の技術であり、車載スピーカーで実績のある「磁性流体」などを中心に、自動車市場の攻略に取り組んでいる。