engage

ミネベア、世界最小外径1.5mmの超極小ボールベアリングを発売

 ミネベア( http://www.minebea.co.jp 、 Tel. 03-5434-8723 )は、通常のミニチュア・ボールベアリングと同じプレス鋼板保持器を持つ構造の量産品として世界最小サイズとなる外径1.5mm、厚さ0.65mmの超極小ボールベアリングの製品化に成功し、このほど販売を開始した。毎分5,000回転以上の高速回転に対応、同社では医療機器、マイクロマシンなど、極小型精密機器の駆動部品への使用を想定。

 同社は、外径22mm以下のミニチュア・ボールベアリングで、世界シェア60%を有するトップメーカー。これまで同社が実用化している最小サイズのボールベアリングは、外径2.2mmで小型精密機器の回転機構用として、摩擦低減に高い性能を発揮している。外径1.5mmの超極小ボールベアリングは、従来の最小サイズ品と同等の高精度、耐久性、高剛性を保持しつつ、毎分5,000回転以上の高速回転に対応、さらなる小型化を実現したもの。

 同社では医療機器、マイクロモーターやマイクロマシンの駆動部分など、従来のボールベアリングでは対応できなかった分野への積極的な活用を提案、ナノ単位の精度を持つ超小型精密機器向けのソリューション提案型製品として、数年後には年間10万個の販売を目指す。

 製品の概要は以下のとおり。サイズ: 外径1.50mm、内径0.50mm、厚さ(幅)0.65mm(低速回転タイプでは、0.4mmまで薄型化が可能)、玉径0.25mm×6個。材質はステンレス鋼。サンプル出荷価格は5,000円/個。