住友電工、来年3月に米国でタングステンの鉱石精錬とスクラップのリサイクル事業を開始

Niagara Refining LLCNiagara Refining LLC 住友電気工業は、2014年3月から米国でタングステンの鉱石精錬とスクラップのリサイクル事業を開始する。この事業は同社100%子会社であるSumitomo Electric Carbide Inc.と米国のタングステン粉末メーカーであるBuffalo Tungsten Inc.(BTI社)の子会社のNew York Tungsten L.L.C.との合弁で設立したNiagara Refining LLC(NIRE社)を拠点に展開し、超硬工具等の主原料製造に使用される三酸化タングステン(WO3)を生産する。

 超硬工具製品の主原料であるタングステンは、希少金属(レアメタル)であり、日本ではそのほとんどを輸入に依存している。また、タングステンは主に中国に偏在しているため、常に供給リスクがある。

 これまで、住友電工では、グループ内のアライドマテリアル(ALMT社)がWO3を中国など海外から調達し、超硬工具の原料となる炭化タングステン粉(WC)を製造している。また、2011年にはALMT社の富山製作所内にてスクラップからのタングステンリサイクルを事業化している。今回、NIRE社が稼働することにより、世界のタングステン鉱山からの鉱石と、市場から回収したスクラップの双方を原料として住友電工グループ内で、タングステン原料を生産できることとなる。

 今後、NIRE社はWO3の生産、また、ALMT社は炭化タングステン粉末の生産と、住友電工グループ内で一貫して超硬工具の粗原料から完成品まで生産することで、タングステン原料の安定調達に向けた取り組みを加速させる。